必死のPATCHのPMブログ

PMするのにインプットしたネタを中心に更新していきます

PM力を試すために個人でサイトを企画してみる

久しぶりの更新です。
現在自分は日々B to B向けプロダクトの機能を企画しています。本当に自分が考えた機能がお客さんに受けるのか?不安と戦いながら前に進んでいます。

自分はプログラマーあがりでもなく、ジョブズのようなカリスマでも今のところなさそうであり、常に不安です…

まぁ、この不安感が成長欲を駆り立てるところもあって良かったりもするのですが。

そしてこの度、企画力とカリスマ性を鍛えるために個人でもサイトを立ち上げようと思い立ちました。

東京オリンピックがチャンス!のはず

すごく安易ですが、2020年の東京オリンピックがチャンスだと思うんですよね。東京オリンピック開催!ということで、多くの外国人観光客の方が訪日するはずです。

そこで考えました。逆に自分が海外旅行に行く時に、どんな所をこれまで観光してきたのかを。 もちろんガイドブックに載っているメジャースポットはまず抑えます。あとは、知る人ぞ知るみたいなレストランや観光地にネットで調べて行くんですよね。

Youtubeやインスタで、日本語の投稿を調べることが多いです。

ということで、この逆で訪日外国人向けに外国語で日本のディープなスポットを紹介するサイトが流行りそうだし、楽しそう!と思い立ちました。

どんなサイトにするのか?

“誰にどんな価値を提供するのか"というコンセプトの定義が重要です。下記サイトを参考に5W1Hを書き出してみました。

「我が社の何を、誰に伝えようか?」サイトコンセプトを考える6つの視点 | 5things | 0から始める経営者の為のWEB戦略研究所

『What』 (このサイトの目的は?)

  • ガイドブックには載っていない日本のディープなショップやスポット、慣習。

『Why』(なぜこのサイトを使うのか?)

  • 日本人の個人が企画することで大手では取り上げられないマニアックなスポット、習慣を面白おかしく知ることができる。

『Who』(誰がこのサイトを使うのか?)

  • 20代〜50代の訪日外国人。
  • 英語が読める。
  • 天邪鬼でメジャースポットよりもディープスポットを好む。

『How』(どうやってこのサイトを使うのか?)

『When』(いつこのサイトを使うのか?)

  • これから日本に旅行しようという時
  • 日本に滞在中によりディープなスポットを観光したくなった時

『Where』(どこでこのサイトを使うのか?)

  • インターネットが使える環境の自宅で
  • 外出先、宿泊先の日本のwifi環境下

ざっくりと出してみました。これらを1フレーズでまとめると…

「訪日外国人のための、日本のディープなスポット・慣習を面白おかしく知ることができる英語サイト」

となりました。

今後のスケジュール感

サイトコンセプトはできたといえ、まだまだやることは山積みです。ざっくりと今後のスケジュール感をまとめて自分を追い込みます。

7月中…サイト詳細をまとめる(サイト名、市場調査、競合調査)
8月中…環境構築、ドメイン取得、コンテンツ作成
9月中…コンテンツ作成
10月中…サイトオープン!

基本的に英語コンテンツになるので、ここはどうにかアウトソースしたい所。協力してくれる英語堪能な方でも探しますかねえ。

何れにせよやることは山積みですが、ワクワクしてきました。 企画段階で使えそうなフレームワークは使ってみてまたエントリーにしてみたいと思います。

ひとまずインプットと手を動かすことからはじめます^_^

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

END